アンチエイジング化粧品を導入することで得られる乾燥対策の成分

仕組み

肌トラブルとして非常に身近なものが、ニキビです。ニキビは小さい物でも、目立ってしまうので、嫌になってしまいます。
また、ニキビだけではなく、ニキビが治った後に残る炎症のニキビ跡もよくある肌トラブルとして知られています。
ニキビはすぐ治ることもありますが、ニキビ跡は長い間肌に残ることが多いので、その分悩みも長くなってしまいます。
人によって、ニキビ跡が治る期間は異なります。すぐ治る場合もあれば、長く続く場合もあります。これは、炎症と炎症の悪化の度合いによるものです。
白ニキビや黒ニキビなどの炎症が発生していない状態でニキビが治れば、ニキビ跡なることはありません。
しかし、炎症が発生すると高い確率で、ニキビ跡が残ってしまいます。また、炎症を起こして、悪化すればするほど肌の奥深くまで悪影響を及ぼしてしまうので、ニキビ跡は長期間続きやすくなります。
このようなニキビ跡の仕組みを知っておくことは、治療する時にも役に立ちます。

ニキビ跡は、種類によっても改善方法は異なります。
ニキビの炎症が起こった場合のダメージとして残るのが、赤みです。なぜ赤みになるのかというと、炎症が起きた部分の傷を治すために、毛細血管がたくさん作られるのです。
そのため、他の部分よりも傷の部分がヘモグロビンが強くなり、赤みになるのです。赤みは時間が経てば治ることが多いので、それほど気にする必要はありません。
茶色のニキビ跡は、メラニンが原因となっています。肌がダメージを負うと、メラノサイトが活性化して、メラニンを大量に作り出します。
そのメラニンが真皮層まで落ちることで、茶色い色素沈着となります。
ニキビの炎症が重い場合は、アクネ菌が周辺組織を壊していきながら増えています。炎症が拡大しないために、白血球が皮膚細胞を壊します。
この破壊が真皮で起きてしまうと、肌の再生が難しくなるので、クレーターとなって残ることになります。

↑ PAGE TOP