アンチエイジング化粧品を導入することで得られる乾燥対策の成分

アロマで虫よけ

市販されている虫よけは様々ありますが、最近ではアロマを使って虫よけを行う人が増えてきています。
このアロマを使った虫よけは、1990年代末にはあまり知られていませんでしたが、市販の虫よけの有害性を懸念する間に人の間で認知が広まっていきました。
薬局などで販売されている虫よけスプレーには、ディートが含まれています。
ディートは、兵士のマラリア感染を防ぐために、アメリカ軍によって開発されました。それから、民生品として使われるようになっていきましたが、有害性の成分が含まれていることから、危険性が指摘されています。
場合によっては、神経障害を発症することもあるので、一部の国では、子どもへの使用を制限しているところもあります。
そこで、アロマの虫よけが注目を浴びているのです。

植物は、害虫と違って体を動かすことができません。そのため、動きで害虫を追い払うことができないので、エッセンシャルオイルを生体内に作って、害虫を遠ざけているのです。
そのため、植物に含まれているエッセンシャルオイルは、昆虫の嫌がる香り成分を含んでいるのです。
このような香り成分を活用することで、虫よけとして使うことができるのです。
虫が嫌がる香り成分として効果が高いのが、シトロネラールです。虫よけ効果があるアロマとして人気が高いのは、シトロネラの他にも、レモンユーカリなどがあります。

虫よけスプレーの作り方は非常にシンプルです。
ビーカーなどの器にキャリアオイルを入れたら、次にエッセンシャルオイルを加えて混ぜあわせます。その後に、スプレー付遮光瓶に映して、水を加えます。これで完成です。
後は、使用する時に良く振って、成分を混ぜあわせてスプレーすることで、虫よけの効果を期待できます。

↑ PAGE TOP